【日本人史上初の快挙】大坂なおみ「4大大会」初優勝!!


歴史的快挙達成のビッグニュース

テニス全米オープン大会13日目の8日、アメリカ・ニューヨークで女子シングルス決勝が行われ、第20シードの大坂なおみが第17シードのセリーナ・ウィリアムズを第1セット6-2、第2セット6-4のストレートで破り、日本人男女を通じて日本史上初となる4大大会優勝の快挙を成し遂げました!

この試合では、激しく抗議した事によるセリーナに3度の警告があり、1ゲームポイントが大坂に与えられるといった非常に珍しい場面もありましたが、そんな中でも冷静さを失わず、過去23回の優勝を誇る元女王を見事撃破しました。

 

ここで大坂なおみ選手と決勝戦で対戦したセリーナ・ウィリアムズ選手のプロフィールをおさらいしておきましょう。

決勝戦選手プロフィール

大坂なおみ

■本名:大坂なおみ

■1997年10月16日生まれ(20歳)

■大阪府大阪市中央区出身

※国籍は2重国籍でアメリカ合衆国と日本

■身長180cm:体重69kg

■キャリア自己最高ランキング

シングルス:18位(2018年7月23日)

ダブルス:324位(2017年4月3日)

セリーナ・ウィリアムズ

■本名:セリーナ・ジャメカ・ウィリアムズ

■1981年9月26日生まれ(36歳)

■アメリカ合衆国出身

■身長175cm:体重70kg

■キャリア自己最高ランキング

シングルス1位(2002年7月8日)

ダブルス1位(2010年6月7日)

※通算シングルス72勝、ダブルス23勝

スポンサーリンク

 

また、セリーナには2歳年上の姉ビーナス・ウィリアムズがおり、ビーナス・ウィリアムズのキャリア自己最高ランキングも、シングルス1位、ダブルス1位と姉妹揃って女子テニス界の女王に君臨していた。


まとめ

上記、セリーナ選手のプロフィールを観ても分かるように、女子テニス界では知らない人がいない程の最強選手で、大坂選手自身も尊敬している選手の1人で、試合後のセレモニーの挨拶では「セリーナと全米オープンの決勝でプレーすることが夢でした。叶って嬉しい。プレーしてくれてありがとう」と語っています。

また、大坂選手は今回の優勝賞金で日本円にして約4億2000万円を手にしており、10日に発表される世界ランクは7位へと浮上する事が決定しております。

 

20歳にして日本人初の快挙を成し遂げた大坂選手はこれからも沢山の記録を成し遂げてくれるでしょう。

錦織選手と共に男女で優勝してくれる日も近いかもしれませんね!

 

大坂選手、見事優勝

本当におめでとうございます!!

共有・関連ブログ

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です