【虹好きの方必見】レアな虹を見てしまいました。

レアな虹


こんにちは、EXTO管理人です(^^)/

 

本日2度目のブログ更新は、

今までに見たことが無い「2重の虹」が自宅から見えたので、ご紹介します!

虹って英語で…

その前に虹」って英語で何ていうか知ってますか?

 

正解はこちら👇です。

 

「Rainbow」レインボーです!

さすがに簡単すぎましたね(笑)

虹の発生条件と豆知識

虹が現れるには、太陽が出ている、晴れ→雨→晴れと続く絶対条件で、夕立後はキレイな虹が見れる絶好のチャンスらしいです。

それと豆知識になりますが、虹は日本では7色とされているが、各地域では以下のようにされているらしいです。

【8色…赤・橙・黄・黄緑・緑・青・藍・紫(外側順)】

アフリカ(1部の部族)

【7色…赤・橙・黄・黄緑・緑・青・藍・紫(外側順)】

日本、韓国、オランダ

【6色…赤・橙・黄・緑・青・紫(外側順)】

アメリカ、イギリス

【5色…赤・黄・緑・青・紫(外側順)】

中国、ドイツ、フランス、メキシコ

【4色…赤・黄・緑・黒(外側順)】

アフリカ、ロシア、東南アジア諸国

【3色…赤・緑・黒(外側順)】

アフリカ(1部部族)、台湾

【2色…赤か黒と青(外側順)】

アフリカ(1部部族)、南アジア(1部部族)

色々な見解があるとは思いますが、中途半端な色はいらないような気がしたのは僕だけでしょうか?なんか5色くらいでもよかったのかもと思いました(笑)

 

でも、さすがに2色は…。

 

世界で様々な考え方がある事は面白い事だと思いますが、

「ちゃんと見えてる!?」って正直思うし、

アフリカ人って視力いいよね!?って…

 

そーゆう話じゃないのか(笑)

 

どうやら日本で7色に定義付けしたのはニュートンみたいです。

 

話がちょっとそれましたが、

では昨日見た「虹」をご覧ください!

スポンサーリンク

実際に見た「レアすぎる虹」

虹

虹 EXTOブログ

みなさんこんな虹見たことありますか?

キレイに2重になってますよね?

 

調べてみたら、濃い方が「主虹」、薄い方が「副虹」と呼ぶそうで、2重の虹を見ると「幸運の前兆」といわれているそうです。その理由のひとつ目は「それほど珍しい」という事、ふたつ目はたとえ2重の虹が空に存在していたとしても「その光景に気づいた」という事(誰もが毎日常に空を見上げている訳ではない)から幸運が訪れると言われているそうです。

 

また、2重の虹には「卒業」「祝福」という意味があるそうです。この意味はその言葉通り「何か新しく始めるきっかけを与えてくれている」そうです。

最後に質問です

ここまで長々となりましたが、

みなさん最後に質問です。

 

では2重の虹」は英語で何というでしょう?

 

正解は…

 

 

「ダブルレインボー」です!笑

これは本当です。

 

みなさんも見る機会がありましたら、

カメラにしっかりと収めておきましょう♪

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました(*´ω`*)

共有・関連ブログ

【👇”いいね”待ってます!👇】

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です