【トップセラーで稼ぐ】商品仕入れサイト「トップセラー」を解説!


こちらのブログでは、

下記のような方々向けの記事内容となっております。

 

  • トップセラーとは?
  • トップセラーの人気の理由は?
  • ネットショップを出店したい
  • ネットショップを出店しているが商品数が足りない

 

尚、本記事をご覧になられることで下記のメリットがあります。

 

  1. 「トップセラー」について分かる
  2. 「トップセラー」のメリット・デメリットを知れる

 

それでは、ここから本題へ入っていきましょう。

 


【トップセラーで稼ぐ】商品仕入れサイト「トップセラー」を解説!

「TopSeller トップセラー」とは?

まず始めに「TopSeller トップセラー」を簡単にご紹介しておきます。

 

◇「トップセラー」とは…

「TopSeller トップセラー」とは、株式会社もしもが運営する「ネットショップ専門の商品仕入れサイト」で、在庫を持たずに販売できるといったリスクが低くて人気の商品卸サイトです。

 

◇もしもドロップシッピングとの違いは?

■モール出店が可能

株式会社もしもが運営する「もしもドロップシッピング」との違いはいくつかございますが、大きい違いは大手ショッピングサイトに出店できるかどうかです。もしもドロップシッピングでは「できすぎ君」というツールを使用しサイトを構築、運営するかわりにモールへの出店が禁止となっておりますが、トップセラーでは出店が可能です。

 

※もしもドロップシッピングについては、最下部リンクのブログでご紹介しております。⇦「もしもドロップシッピング」がサービス終了となったので削除しました。

 

「トップセラー」が人気の理由

利用者数も非常に多く、人気の「Topseller トップセラー」ですが、ここからはトップセラーの人気に迫ります。

 

◇人気の理由③点

①商品数が多い

トップセラーでは取扱商品数が約25万点あり、いくつかある料金プランから「25万点の内、○点の中から○点取扱」といったように各自で選べます。

 

②リスクが無い無在庫販売

冒頭でも少しお話しいたしましたが、トップセラーは在庫を抱える必要が無く、商品が売れればトップセラー側が商品を梱包、発送してくれるので、リスクが無いだけでなく、人件費も削減できます。

 

③モール出店が可能

上記記載の通りですが、補足しておくと「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Wowma!」「BASE」「MakeShop」「カラーミーショップ」などで販売可能です。また、それぞれと連携しているコースを選択すればCSV商品登録も簡単に行えます。

 

「トップセラー」はこんな方にオススメ!

続いて「トップセラー」がオススメな方についてお話ししていきます。

 

  • 「ネットショップをオープンしたけど、商品数が足りない」
  • 「商品をもっと仕入れたいけど予算がない」

 

など手軽に商品量を増やしたい方に「TopSeller トップセラー」はオススメです。

 

また、「とりあえず登録して様子をみたい!」という方には、商品を無料で5点だけ扱える「おためしプラン」というユーザーに優しいプランがありますので、そちらがオススメです。

 

■特にこんな方にオススメ!

特におすすめな利用方法が「自社製品と一緒に展開する」方法です。

この方法を用いることにより、販売店舗の商品数が簡単に上がり、売上UPに繋がっている方も多いようです。

 

「トップセラー」のデメリット

ここまでメリットばかりをご紹介してきましたが、

もちろんデメリットも存在します。

 

◇「トップセラー」のデメリット②点

「トップセラー」のデメリット①

「トップセラー」のデメリット①点目は、取り扱っている商品数は約25万点というものの、売筋商品はだいたい決まっている為、販売サイト内で同じ商品を販売している店舗と被る可能性がある。

 

しかしながら、この対処法もございます。

 

■デメリットの対処法

仕入れ業者と契約し、その商品を販売している限り、他店舗と被る可能性は無くなりません。なので全ての展開商品が被る事がないよう、いくつかの仕入れ業者と契約し、商品をごちゃ混ぜにする事で店舗にオリジナル感を出せるように取り組むと良いでしょう。

 

トップセラーのデメリット②

「トップセラー」のデメリット②点目は、ドロップシッピングと違い、お客様対応(クレーム)などの問い合わせに対応しなければならない点です。この問い合わせですが、売れている店舗だと1日に2、3件はざらだそうです。

 

「トップセラー」まとめ

「Topseller トップセラー」のご説明は以上となりますが、しっかりと売上を取っていきたい方にはドロップシッピングよりもこちらのほうがオススメだと思います。

 

自分で集客するのと大手ショッピングサイトがしてくれるのとでは

全く違いますよ。

 

 

使い方によって「もしもドロップシッピング」と「トップセラー」の両方にメリット、デメリットがありますので「もしもドロップシッピングも観てみたい!」という方は下記リンクのブログにてまとめております!

 

始める前にまずはそちらも併せてご覧ください。

ブログ:【最新版】完全無料でネットショップ開業なら「もしもドロップシッピング」一択な訳⇦サービスが終了したため削除しました。

 

共有・関連ブログ

Follow me!

スポンサーリンク

【トップセラーで稼ぐ】商品仕入れサイト「トップセラー」を解説!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です